2014新春イベント「幸せのカタチを感じる日」 映画「うまれる」上映*豪田トモ監督対談*水戸真奈美ミニライブ 2014.1.4(土)
 

◆豪田トモ(パネリスト)◆

◇映画「うまれる」監督・企画・撮影

◇1973年、東京都多摩市出身◇中央大学法学部卒。
◇6年間のサラリーマン生活の後、映画監督になるという夢を叶えるべく、29歳でカナダ・バンクーバーへ渡り4年間、映画製作の修行をする。

◇在カナダ時に制作した短編映画は、日本国内、バンクーバー、トロント等数々の映画祭にて入選。

◇帰国後はフリーランスの映像クリエイターとして、テレビ向けドキュメンタリーやプロモーション映像などを制作。2007年、「人と地球に優しい映像」をテーマとした映像プロダクション、株式会社インディゴ・フィルムズを設立。代表取締役に就任。

◇ 2008年よりドキュメンタリー映画「うまれる」の製作開始。2010年11月6日より全国劇場公開し、2011年10月現在、全国で自主上映会開催中!!

◇著書に「うまれる かけがえのない、あなたへ」(PHP研究所)、「えらんでうまれてきたよ」(二見書房)がある。


◆大住 力(パネリスト)◆

◇公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」代表理事

◇ 東京ディズニーランド等を管理・運営する潟Iリエンタルランドに入社し、約20年間、人材教育、東京ディズニーシー、イクスピアリなどのプロジェクトの立ち上げや運営、マネジメントに携わる。
◇東京ディズニーリゾート全般のマーケット戦略・コンテンツ開発や、人材教育の領域では、現場の組織活性を目的にディズニーランドの創始者であるウォルト・ディズニーの研究会を立ち上げ、そのリーダーとして現場の指揮向上に努めた。
◇現在は、難病と闘う子どもとその家族の応援を目的とした公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 代表。 2012年11月に内閣府に公益性を認められ、公益社団法人となる。
◇「“いま”を生きる」、をテーマに、難病と闘う子どもと家族への応援と共に、誰でもが持っている「底力(ソコリキ)」を応援するべく、教育現場から、刑務所、企業まで、講演の幅も広い。
◇専門はホスピタリティーのほか、コミュニケーション、モチベーション、理念浸透など。
◇国立富山大学、東京家政大学非常勤講師ほか
◇著書として、「一生の仕事が見つかるディズニーの教え」(日経BP社)、
「もしもディズニーが店長だったら」(日経BP社)他がある。


◆水戸真奈美(手話歌)◆

◇手話歌シンガー ◇歌手◇作詞家◇ラジオパーソナリティ◇こころから伝わる表現力デザイン講座講師◇手話歌メソッド講師◇手話サークル「あっとほぉむ」主宰◇宮城県柴田町出身◇・2005年5月 歌手を目指し上京・2005年12月 ティートックレコーズのレッスン生として所属・2009年4月 『Just Feeling/伝えたい...コト...』リリース・2010年4月 『Live the Dream/伝えたい...コト...』全国デビュー◇2011年6月 『WEDDING ROAD』他2曲 リリース◇東日本大震災において、最後まで防災アナウンスで避難を呼びかけて命をおとされた遠藤未希さんの 葬儀で歌ったことで、様々なメディアで取り上げられる◇ 2012年11月 原発に最も近い大学であるいわき市の東日本国際大学復興支援「HappyProject」のテーマソング「つながる空」を学生とともに作詞◇2012年12月「心から伝わる表現力デザイン講座」 ◇2013年2月「公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」のテーマソング「大切なものほど・・・目の前にある」「Rainbow」の制作に参画◇歌詞通りの手話ではなく、言葉に込められた気持ちを手話で表現しながら歌う独自の手法を持つ。自身が元来、大変おとなしい性格でコミュニケーションが苦手だったが、手話と出会い『目を見て話す』 『表情が大切』『身体で伝える』という体験を積むことで、自然と話せるようになり、笑うことが増え、積極的に行動できるようになり、人生が変わったという経験を持つ。そのことで、手話を「聴覚障害者の言葉」のみならず「心から伝わるコミュニケーションツール」として進化させていこうと決意、さらに、歌と融合させることで独特の世界観を作りあげ、誰でもが内面を見える形に表現できる手法として確立させた。


◆内山雅人(コーディネーター)◆

◇一般社団法人「学びコミュニケーション協会」代表理事
◇映画「うまれる」未来人育てプロジェクト(学校上映)アドバイザー

◇ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター◇東京学芸大学教育学部保健体育学科卒◇心から伝わる表現力デザイン講座講師◇話し方(スピーカーズマインド)講師◇教え方講師◇教育コンサルタント ◇ITコンサルタント◇メンタルコーチ◇有限会社ストリートランプ代表◇元都立高校保健体育科教諭(在任17年間)◇1960.10.11東京都生まれ◇試験や活動の結果や評価のみに捕らわれることのない、リテラシー(学び方、教え方)に富んだ学びの場を講座や講演、コンサルティング活動を通して提供している。メンタルリテラシー(頭の使い方)、メディアリテラシー(情報のインプット・アウトプットの仕方)、フィジカルリテラシー(身体を上手に使い、心と体のバランスのとれた学び方)の3つをバランスよく身につけていく人材育成をミッションとしている◇マインドマップを中心としたリテラシー教育を、全国の学校、教育機関に普及させるべく教師、学生、児童、生徒を対象に講座、コンサルティングを実施し、マインドマップでは、インストラクター、フェロー(学校内インストラクター)、コーチ養成にあたった。 ◇全国でのマインドマップ、リテラシー教育等についての講座・講演受講者数は1万5千人を超える。